通話料金と基本料金が安いひかり電話|非常に優秀な電話サービス

ウーマン

電話回線の種類と特徴

通話する女性

私たちが自宅や会社で何気なく利用している通信機器が固定電話となっています。固定電話は単体で通信を行うことができないので、電話回線などを接続する必要があります。最近はインターネット回線と電話回線をセットで提供する通信業者が増えてきました。引っ越しやオフィス移転に伴い、これからの人生において電話回線を新たに引く人もいるでしょう。そのような場合に備えて電話回線の知識を備えておくことも大切です。黒電話がある事態から活用されているのがアナログ回線となっており、銅線やメタルケーブルといった呼称も存在します。アナログ回線は費用が安いので、一気に全国各地へと普及していきました。
アナログ回線の仕組みは糸電話に似ており、音声自体が銅線を伝っていく流れになっています。
数年前まで通信会社がよく宣伝活動をしていたのがデジタル回線となっています。アナログ回線時代に設置された銅線をそのまま利用している回線で、アナログ回線との違いは伝わる音声がデジタル信号に変換されていることです。0と1のデータに変換することで、多くの情報を送信でき、尚且つ音声がきれいに伝わるという利点があります。そして最新の技術といわれているのが光ファイバーです。アナログ回線とデジタル回線は電気を使って信号を送りますが、光ファイバーはガラス線の中を光が通過していく仕組みなっているのです。通信速度は速いですが、銅線と比較するとまだまだ高価なので電話回線として一般家庭で普及するのは数年後でしょう。